ブルーオーシャン戦略とは?


ブルー・オーシャン戦略とは?

 不況の現在、とかく価格競争に巻き込まれ、血みどろの低価格競争を強いられることになりかねないが、この血みどろの低価格競争で勝ち抜く戦略をレッドオーシャン戦略と呼ばれます。また、この血みどろの益なき競争を避けて、競争に打ち勝とうする戦略が、ブルー・オーシャン戦略です。不況の中、急成長を遂げる企業の多くは、このブルーオーシャン戦略を実践しています。その良い事例が、任天堂のWiiであり、アップルのiPodです。また、必要なサービスに絞って、低価格で提供するカット専用の床屋QBハウスもその一つと言えます。
 ASTD2009での基調講演の一番の呼びものは、INSEAD教授のルネ・モボルニュによる「ブルー・オーシャン戦略」の講演でした。従来は、ニッチ(隙間)戦略の一種と思われていましたが、市場の多様化の進展で、価値ある新規市場が成長している点からも、一層利益の期待出来る、大変賢い重要な戦略と言えます。この理論の優れた点は、バリュー・イノベーション(価値創造)を伴う戦略だと言う点と、普及するためのキッカケづくりとしてティッピング・ポイント・リーダーシップ手法を活用し、4つのハードルを超える最新ノウハウと組み合わせた点にあります。
 ブルー・オーシャン戦略が成功するには、技術志向のエンジニアを沢山そろえても難しいでしょう。多様な市場と正面から向かい合い、顧客の価値観を育てることが重要です。このためには顧客と開発者の両方で、人材開発価値創造が必要になります。これを実現出来た所が、勝者になるのです。

ブルーオーシャン戦略の戦略マップとは

 ブルー・オーシャン戦略で、重要になるのは、戦略の基本になる軸は、何なのかです。顧客のニーズをどれだけ満たしているのかを示す価値要因を横軸にします。縦軸には、買い手がその要因に対して、価値をどの程度認めているのかのレベルを示します。
 例えば、10分床屋のQBハウスの事例を下記に示します。右側に優れていると思われる項目にすれば、わかりやすいでしょう。このビジネスモデルの特徴や低価格でもなぜ実現可能なのかを示せれば、わかりやすいでしょう。
  詳細は、戦略的人材開発研究会のサイトにて、詳細資料をダウンロード出来ます。
 また、「個別対応リーダーシップ実践コース」1日凝縮コースでも、4つのハードルを乗り越えるためのティッピング・ポイント・リーダーシップを学ぶことができます。

 トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2014 株式会社スマートビジョン

 

 関連用語は?

新HRMガイドライン 
ANSI HRM標準とは?
ANSI/ISOのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは? 
ANSI/ISOの戦力計画とは
ANSI/ISOの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C研修効果測定と育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

企業研修 概要編
企業研修 実践編

ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会

戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書
ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント関連団体
視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい