導入事例3

グローバル人材養成プロジェクト案

  
(3)国内ビジネス中心からグローバル企業への転換を目指したい

グローバル人材養成研修案
 例えば、国内ビジネスが10%程度ですと、グローバル・ビジネスで通用する人材が十分に育ってないことが最初の難関です。これは単純な語学学習だけではなく、グローバル・ビジネスを進める上で、必要な考え方、論理思考が備わっているかであり、更には、色々なリーダーシップ手法を使い分け、効果的な人材育成が進められるかにかかっています。従来やってきた純日本的なビジネス手法を、グローバルな視野で大きく転換できるかが課題です。
 優秀な教育を受けた現地の人材は、そのほとんどが、欧米的な論理思考の考え方、仕事の手法を原則的に身につけていますので、その手法をキチンと理解し、把握した上で、日本的な良さを織り込む配慮が必要です。彼らの考え方、進め方を理解しようとせず、日本式の手法だけを押し付けると、大きな抵抗を呼ぶことになります。
 次世代経営幹部には、グローバル・ビジネスに率先して取り組んで頂くため、グローバル企業で普及が進むタレント・マネジメントの手法とその応用事例を実践的に学びます。また、地域拡大戦略を実現を可能にする育成風土を高めるため、20-30歳代の若手社員には、基本的な指導・支援法を学ぶ機会をつくり、若手メンターとして活躍して頂きます。また、多くの中堅リーダーを早めに現地でのマネジャーとして、活躍してもらう機会をつくるため、グローバル人材養成研修を実施することも必要になります。従来のピラミッド組織をプロジェクト制に転換、単純にフラット組織にしても、直ぐに高業績を達成することにはなりません。従来のプロジェクト別の職制では、組織の垣根が厳然として存在し、これを乗り越えることは、非常に難しいのが現実です。
 詳細は、無料見積をご利用下さい。

トップページに戻ります元のページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります

職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2014 株式会社スマートビジョン


無料見積



 関連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは?
ANSIの戦力計画とは?  
ANSIの人財指標とは? 
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

企業研修
概要編
実践編
タレント開発


ケーススタディ
各種講演・視察旅行


研究会


戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細こちら

無料見積