講師略歴(Bio)                                                     Japanese,English

【 主任講師の他、経験あるパートナーも必要に応じて、講師を致します。】

石川 洋(いしかわ ひろし)
日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員
 SHRMコンピテンシー研究会代表世話人
 戦略的人材マネジメント研究会代表世話人
株式会社スマートビジョン 代表取締役
 戦略的人財マネジメントセンター代表
 国際メンタリング&コーチングセンター代表
【主な略歴】
 東京工業大学卒、慶應ビジネススクールMBA取得。大手企業2社で、海外マーケティング、販売促進、人材マネジメント、人材開発・育成を中心に通算25年、一貫して国際ビジネスに勤務し、海外販社や海外販売網の育成・支援業務に従事。米国現地会社役員として約5年勤務後、独立。
欧米人の考え方、行動特性、日本人との考え方及び行動形態との違いに関する造詣が深く、パフォーマンス・コーチング及びメンタリングの日本での普及活動に貢献。
 2002年以降、全米人材開発協会ASTD、国際メンタリング学会、他の各種の活動に積極的に参加し、その状況を各種のメディアを通して、情報発信を続けています。
 欧米のコーチングやメンタリング事情を日本で導入し易い形に体系化し、「よくわかるビジネス・コーチング入門」(日本能率協会マネジメントセンター)、「会社が変わる、組織が活きるパフォーマンス・コーチング」(日本実業出版)、「メンタリング・バイブル」(国際メンタリング・コーチングセンター)として発売。新刊書「競争に勝ちたいなら人材育成を「見える化」しなさい」2010年12月末、中経出版から発売。
 長年、各種の説明会、講座、セミナー、ワークショップ、講演、個別研修等を、既に数百の団体に対し、数百回実施し、参加者は延べ1万人近くにのぼり、大きな反響を頂きました。

 人材育成・人材開発のプロフェッショナルのための7つの国際大会に、通算30回参加し、計9回英語で成果発表、11の認定プログラムを修了特に国際メンタリング学会IMAでは、アジア初の5回成果発表をこなしたアジアで一番熱心な「人材育成・人材開発メンタリングの達人」として、知られています。 国際メンターシップ大学院大学教授(2005-2006年)、更には、厚生労働省管轄、職業能力開発総合大学校、能力開発研究センター、訓練評価調査委員(2006-2007年)を歴任。
 2005年からは、日本人材マネジメント協会JSHRM内に、戦略的人材マネジメント研究会を発足し、代表世話人として、人財開発と人材育成に力を入れる仲間同志の協力関係の構築、人材育成担当者への支援活動も積極的に推進、2009年7月から、日本人材マネジメント協会JSHRM 幹事に就任
 2012年4月、外務省管轄の国際団体アジア生産性機構APOの要請により、9月10-13日バンコクで開催予定の中小企業向けタレントマネジメント会議チーフ・エキスパートとして活躍。
 2011年から、早稲田大学オープンカレッジにて、「人材育成の見える化と卓越の人材育成戦略」、「パフォーマンス・マネジメント講座」や「タレントマネジメント講座」も担当しました。


【活動の基本理念】    こちらをご覧ください。

【当センターの7つの強み】こちらをご覧ください。

【代表からの新年のメッセージ】
 明けましておめでとうございます。

日本語・英語併記の教材で学ぶ世界標準のグローバル人材マネジメント! 
 SHRMコンピテンシー研究会も、発足以来、3年がたちました。
 日本初のSHRM SCP認定の松下さん、2代目馬場さんのお陰で、徐々に発展をとげ、10名前後
の参加者が集まる研究会になりました。
 その間、SHRM CP/SCP HRプロ認定者は、3年で、11万名を超えたとのこと。
 PwCでは、米国を中心に、100名前後の合格者がいるとのことで、このような会社の人事で、
やっていくには、このHRプロの認定は、必須条件になったとのことです。

 米国議会に、各種の労働法令を改訂をせまっているのも、SHRM  HRプロ認定者だとの話ですの
で、この方面でも活躍が期待されています。
 日本の社会保険労務士の試験は、労働法令の知識が一番重要ですが、SHRM HRプロ認定で
は、知識のほかに、Situational Judgement Test(SJT)という状況判断テストが重視されます。
 あなたがグローバルHRプロフェッショナルとして、色々な課題に直面した時、どのように対処
するのか、より戦略的、fact-basedの手法を使っているかで判断されるのです。
 このような判断ができるHRプロが、日本にも、沢山誕生すれば、日本の企業の人事部も、意識
改革も進み、もっと働きやすい組織に大きく転換することでしょう。
 今年1月からは、SHRMコンピテンシー研究会が、さらに進化します。
 初年度は、最初であったことから、英語教材を中心にSHRMコンピテンシー研究会を行いました
が、昨年からは、キーワードを日本語で学ぶ学習に切り替えました。
 今年1月からは、さらに進化して、日本語・英語併記の教材を新たに制作しました。
 大変わかりやすく、ポイントついた解説が特徴です。
 しかも、毎回、トピックス毎に、グローバル人材マネジメントの基本事項をまとめていますので、
毎回参加されると、大変良い教材として集大成できます。
 トピックス毎の皆さんの課題を中心に、皆さんと意見交換しますので、実践的で、簡単なクイズも
あります。(これも、日本語・英語併記です)

 更に、詳細を学びたいときは、一般公開の5つのワークショップに参加下さい。
 この5コースともに、SHRM Learning  Systemに準拠した内容になりますので、SHRM 
HRプロ認定の学習準備としても活用頂けます。
  
 当センターでは、長年の人材マネジメントの貴重なノウハウの蓄積により、下記11の人材マネジメント(HRM)関連キーワードで、上位に位置しています。 
 試しに、グーグル/ヤフーで、下記のキーワード検索をしてみてください。 

SHRMコンピテンシー」(英語名:SHRM Competency)
メンタリング」(英語名:Mentoring)
リーバス・メンタリング」(英語名:Reverse mentoring)
OKRとは?」(英語名:Objective and Key Result)
人材育成の見える化
 (英語名:Visualization of Learning & Development)
HRMガイドライン
 (英語名:New Guideline of Human Resource Management)
パフォーマンス・マネジメント
 (英語名:Performance Management)
タレント開発」(英語名:Talent Development)
タレント・マネジメント」(英語名:Talent Management)
ピープル・アナリティクス」(英語名:People Analytics)
タレント開発報告指針TDRP]
  (英語名:Talent Development Reporiting  Principle)
人財指標」 (英語名:HR Metrics、HC Metrics)

 例えば、タレント・マネジメントを導入する場合でも、「ソフトを選択して、トップダウンで、導入すれば良いと安易に考えている企業」が多く見られます。
 その結果として、社内での多くの誤解が解けないまま、途中で導入を諦めるケースが多発しています。
 多様性のあるグローバル企業で、一つのマネジメント手法ですべてを解決出来るという妄想は、必ず破綻します。医学でも、「万能薬は存在しない」からこそ、医者は、現在の症状をきちんと把握してから、一番効果的な処置をするのが、名医である。人材マネジメントの世界も同様であり、「個々の多様性に対処できる効果的なマネジメント手法を模索しながら、一つの会社としてのアイデンティテーを如何に保つか」が課題になります。
 当ンターでは、今後も、役立つ情報の発信とこれらの貴重なノウハウのスムースな導入と定着への支援を続けていきます。 
              2019年 1月 元日    石 川  洋

トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
戦略的人財マネジメントセンター
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2018 株式会社スマートビジョン


関連用語は?

新HRMガイドライン
ANSI HRM標準とは?
従来型のPMとの違いは?
ANSIのパフォーマンスマネジメント  
ANSIの戦力計画とは?      
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは?
ピープル アナリティクス 

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
OKRとは?
パフォーマンスとは?
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
リーバスメンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは

これからの人事は?  
グローバル人財マネジメント


      関連情報は?

トピックス
各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース 
Aパフォーマンスマネジメント実践コース 
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

      企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ

各種講演・視察旅行

  研究会
戦略的人材マネジメント研究会
SHRMコンピテンシー研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事
/学会報告

     推薦書

ビジネス・コーチング本 
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

     FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017
SHRM2018
TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争にちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい

 詳細こちら