2018年 SHRM HRプロ認定がグローバルに広がる年に

世相を反映した特選メルマガをまとめて掲載!
2018年版 これは役立つ特選メルマガ
 国際メンタリング&コーチングセンターではフレッシュな情報を直接お届けするためにメールマガジンを配信しております。
 世相を反映した特選メルマガをまとめて掲載しましたので、ご一読覧下さい。
 今見直してみると、あの時の考えが、どの位的を得ていたかを知ることが出来る!

2018年版 これは役立つ特選メルマガをご紹介します!
2018年2月10日 インド経済を支えるインド系移民と在外インド人
2018年5月 6日  激動するビジネス環境と、これからのグローバル人財マネジメントの行方

2018年2月10日  インド経済を支えるインド系移民と在外インド人

 2030年頃には、世界最大の人口を抱えることになるインドは、2017年には、7.2%,2018年年には、7.7%台の経済成長 を
するとの見通しをIMFが発表した。

 年々成長率の低下が懸念される中国と比べ、これから、世界に与える影響力は年ごとに増加する。 
 製造業中心の中国と比べ、インドは、長年国策として、ソフト立国に力を入れ、シリコンバレーの裏方的存在から、
ここ数年で、さらなる飛躍を遂げようとしてしている。その基盤とするIT企業での成功の秘訣は、大変熱心な人材育成施策に
あると言えよう。その中心になるのが、 組織的な人材マネジメントの仕組み(タレント マネジメント)である。 
 今回は、その背景を探ってみよう。
================================================================================
1.  インドのソフト産業を外から支えるインド系移民と在外インド人
2.世界最大のソフト開発・ソリューションベンダーが割拠するバンガロール
3. インドIT企業の急成長を支えるタレントマネジメントの仕組み
================================================================================
---------------------------------------------------------------------------
1.インドのソフト産業を外から支えるインド系移民PIOと在外インド人NIR
--------------------------------------------------------------------------- 
 インドの部門別構成比率(2011年)を見ると、ITサービスが48.5%、工業部門が、33.1%, 農業部門が18.4%である。
   圧倒的にITサービス関連事業が一国の経済を支えている。ITサービスの輸出に至っては、それを支えているのが、米国
(62%)、英国(17%)、欧州(11%)となる。正しく、欧米諸国の裏方役を一手に引き受けているのだ。
 インド人の優秀さを示して、欧米企業との架け橋を担っているのが、インド系移民PIO(People of Indian Origin)と
在外インド人NRI(通称:Non Indian Resident)といわれるインド系の移民たちです。その数は、約3000万人といわれる。
いわゆる「印僑」と言われる人たちです。
 その中には、欧米企業の中枢を担っている経営者も増えており、シリコンバレーの8社の1社には、インド出身者がいると
言われている。
 有名な所では、マイクロソフトのCEO、ドイツ銀行共同CEO、さらには、ハーバード ビジネス スクールの学長までが、
インド系なのだ。
 彼らは、欧米有名大学で学び、アメリカ人として、優秀なグローバル人材として幅広く活躍する超エリートと言える。
彼らは、決して、同胞だけで固まることはない。ここが、華僑との大きな違いにもなる。
------------------------------------------------------------------------------
2.世界最大のソフト開発・ソリューションベンダが割拠するバンガロールとは?
------------------------------------------------------------------------------
 欧米IT企業の多くは、インドのバンガロールに開発拠点を置いている。
  これは、インド政府が、IT振興策として、バンガロールに特区を設置したためだ。インドのR&D拠点に進出した欧米IT企業
900社中、なんと約半数がバンガロールにある。その最大の理由は、英語を話せる優秀な人材を必要なだけ採用可能な点に
ある。
 インドの小学校には、給食制度があるので、貧しい家庭でも子供に小学校に行くことを認める傾向があり、これが教育熱心
になった最初のきっかけだ。
 インド人は、いくらスポーツが上手くても尊敬されない。小学生の夢は、科学者、医者、エンジニアに集中している。
 特に、米国のMIT(Massachusetts Institute of Technology)を参考に設立されたIIT(インド工科大学)の存在は大きい。
 インド全土に16校で、共通試験が行われ、15、500名の学部生、12、000名の大学院生が学んでいる。
IITの教育陣は、欧米有名大学で教育を受けた人達が中心となり、欧米大学で行われている英語版の最先端のグローバル
カリキュラムを実施している。
 その中には、最新版のHuman Resource Managementタレント マネジメントも含まれ、そのレベルは相当高い。
 入学するには、平均約50倍以上の難関であり、IITには専用の塾がある。
 ここに入れない場合には、欧米の有名大学を目指しているというから、競争は熾烈だ。
 インドのIT企業では、技術の進歩が激しいので、企業内での人材育成・人材開発の仕組みがきちんと出来上がっている所
が、急成長を遂げている。 
 インドの急成長を支えているIT開発企業のご三家は、TCS(Tata Consultancy Services), Infosys, Wiproであり、
Infosys, Wiproの企業は、バンガロールを拠点にしている。
 日本にも、日本支社があるので、なじみ深い人も多いかと思います。
 優秀な学生は、大学時代から、タレント マネジメントとは、どんなものなのかを知っているので、就職先としても、
タレント マネジメントの完備したこれらのご三家に人気が集まる傾向がある。
-----------------------------------------------------------------------
3. インドIT企業の急成長を支えるタレント マネジメントの仕組み
-----------------------------------------------------------------------
 これらのご三家は、欧米ソフト会社の下請けとして、各種のタレント マネジメントソフト開発に貢献しており、これらを
自社に導入するだけでなく、各企業のニーズに合わせたカスタマイズ サービスや導入に必要な仕組みづくり案も提供している。
 例えば、TCSは、CHROMA talent managementと称して、新たなソリューション ビジネスを進めている。この中身
は、最新版のcontinuous coachingStrength based assessmentを標準搭載しており、その導入計画を含めて、
提案している。
  正しく、ソフト開発企業であるとともに、ソリューション ベンダーとしても、活躍している。
 TCSは、タタ財閥の一企業ではあるが、社員は、今では、40万人と言われ、タタ財閥(約60万)の半数以上にまで、
成長している。本業の鉄鋼、自動車製造業より、成長率が高い。
 また、Infosysも従業員約20万人(2017)であり、Wiproもこれにつぎ16万人(2016)の従業員を抱えている。
この分野は、それだけ成長率が高いと言える。
 彼らがタレント マネジメントを導入する最大の理由は、優秀な人材を採用するためには、必須な育成の仕組みだと考えて
いるからだ。
 また、最新の技術を提供できる人材を育て、定着させるためには、なくてはならない仕組みであり、この実績こそが、
仕事の糧にも繋がっていると考えているからだ。





2018年5月6日  激動するビジネス環境と、これからのグローバル人財マネジメントの行方!

 人材マネジメント協会SHRM年次総会(会員28.5万名)が、6月17−20日シカゴにて、開催される。
 例年、グローバル企業の人事総務関係者・HRプロフェッショナル約15,000人が、自らの成果を発表するために結集する。
 今年は、World Federation of People Management Associations(WFPMA)(会員60万名)との共同開催なの
で、規模をさらに大きくなると言える。

 今回は、SHRM2018コンファレンスの動きと注目すべき視点を念頭にして、これからのグローバル人財マネジメント
の行方を考えます。
 SHRM2018コンファレンスのサイトは、こちら
=================================================================================
1. デジタル人事の流れと最新の人材マネジメントの大きな潮流
2. 企業風土改革、エンゲージメント改善もData解析で進められる時代!
3. 成長するグローバル企業のHRプロフェッショナルに役立つ事例集として活用
 できるSHRM2018コンファレンス
==================================================================================
-------------------------------------------------------------------------------
1. デジタル人事の流れと最新の人材マネジメントの大きな潮流
-------------------------------------------------------------------------------
 グローバル人事の世界では、ピープル マネジメント、最新型のパフォーマンス マネジメントタレント マネジメント
等のマネジメント強化の路線が全面に出てきて、ツールがいかにも進化したと思われがちですが、それよりむしろ、その中身
は、従来、人事中心の各種人財マネジメント ツールを各事業部、現場のマネジャーに解放し、現場がこれらの人財マネジメント
ツールをより効率的な人財活用、人材育成、人財開発を実現するための意識改革と支援/活用をより積極的に進める動きだと
言えます。
  特に、ミレニアル世代への説明責任やモチベーションを高めるには、よりEvidence-baseの分析結果を活用して、
情報を開示することで、議論の活性化、決断への参加を促すことであり、この流れが一番有効だと言えます。
 その基盤を構築するには、継続的な気づきと学習を可能にする仕組み作りであり、これを支援するのが、OKR手法により
明確な目標づくりと各種の指標づくり、動機づけへのプロセスになります。
 これをきちんと実践することで、やるべきことがより明確になり、週毎のフォローアップをITデバイス上のやりとりで、
実現できるようになります。
 それを更に進展させるよい事例が、グーグルで実践されているピープル アナリティクス(People Analytics)、データ
 アナリティクス(Data Analytics)の路線でもあります。
 また、社員メンバーの動きは、人感センサーで感知し、その相互の干渉状況を分析し、社員を含めて、どう改善するべきか
の指針作りや、仕組み作りに役立っています。
 これらの手法は、すでにIBM本社での活用が進み、マイクロソフトのマネジャーの行動指針の決定にも役立っています。
 なお、これらの高機能ソフトウエアを折角導入しても、よほど熱心な方でない限り、積極的に活用することはありません。
導入時には、人事部の方針説明とともに、会社が何を目指しているのか、その達成のために、これらの有効活用が不可欠で
あることを知らせ、導入研修を同時に実施し、その活用度、導入効果を測定して、改善に務めることが必須になりましょう。
------------------------------------------------------------------------------------
2. 企業風土改革、エンゲージメント改善もデータ分析で進められる時代!
------------------------------------------------------------------------------------
 SHRM2018コンファレンスの基調講演者の一人のペンシルバニア大学のグラント教授は、フォーチュン500企業
での企業風土作り、売上改善、効率改善、従業員のエンゲージメントの改善に関する調査を行い、その分析結果を発表する
予定だが、この分析手法も、データ解析を基本にしており、ヒューマン アナリティクスの分野への注目度は、ここ数年で、
飛躍的に上がっています。
 そのほか、Work XO Solution等のベンチャーが企業風土分析(culture Data Analytics)をテーマにした発表、さらには、
Cia Cervecerias Unidas SA (CCU)での意識改革プロジェクトの発表等の分析でも、データ分析の手法が活用されています。
 今年の特徴は、脳科学とエンゲージメント、脳科学とHRとか、脳科学を活用した人材マネジメント分野からの発表も
増加しており、これらの面でも大きな進展が期待できます。
 GEが、従来のValue重視の他に、Beliefを重視する方針を打ち出したが、従来のリーダー像やマネジャー像から、
どんな視点に価値を見出すべきかの議論が増えており、各社が色々な方向性を打ち出している点も面白いと言えます。
 SHRMでは、長年、Total Rewardsの重要性を強調していますが、航空会社のAmerican Eagleでの多様なベネフィット
を可能にする新ベネフィット計画の導入事例、さらには、Wellnessを拡充した企業、Health and Wellbeingに注目する
オートゾーン社等、色々な事例発表があり、参考になりそうだ。
 今後、進展が予想されるTalent Intelligence, AI, 機械学習の可能性を議論するセッションも今後の動向を検討する際に、
役立とう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
3. 成長するグローバル企業のHRプロフェッショナルに役立つ事例活用の発表が相次ぐ
 SHRM2018コンファレンス
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 世界最大のHRプロフェショナル集団である人材マネジメント協会SHRMでは、現役やベテランのHRプロフェショナル
(すでに10万人以上のSHRM CP/SCP認定者が存在)が、自分のもつ専門性を紹介する場でもあり、ここでの評価を高める
ことで、転職への良い機会の獲得や新規ビジネスの開拓に役立てています。
 今では、SHRMコンファレンスで発表すると、優秀な発表は、逐次、e-learning  libraryとして、記録され、 誰でも、
閲覧料金を支払うことで、発表資料と音声、一部動画も閲覧することができるようになります。
 すでに、過去5年以上の発表事例500以上の優良事例が収録されており、コンファレンスに参加できなかった方でも、
いつでも閲覧可能です。
 コンファレンス参加者だけ、しかも限られたセッションだけしか収録されてないATD等の団体と比べても、その有効性は
圧倒的に高いと言えます。
 SHRM e-learning libraryは、年次総会だけでなく、その他の主要コンファレンスからの優良セッションが閲覧でき、
大変役立つ存在です。
--------------------------------------------------------------------------------------
4.第56回 戦略的人材マネジメント研究会:2018年6月9日(土)開催 
 SHRM2018コンファレンス 事前勉強会
--------------------------------------------------------------------------------------
  次回の戦略的人材マネジメント研究会では、SHRM2018コンファレンス参加予定者、さらには、参加できない方にも、
昨年以前の集大成と今年のトピックスをまとめて解説します。
  多くの人事総務、さらには、スムースなタレント マネジメントの導入に興味をお持ちの方の参加をお待ちしております。
  詳細は、下記のブログをご覧ください。
  戦略的人材マネジメント研究会ブログは、こちら 
  参加ご希望の方は、 hiro-i@smartvision.co.jp  まで、お知らせください。
------------------------------------------------------------------------------------
5.第28回SHRMコンピテンシー研究会:2018年5月23日(水)開催
  テクニカル コンピテンシーを学ぼう  
------------------------------------------------------------------------------------
  今年1月より、新講師を迎え、SHRMコンピテンシー研究会を再スタートしました。
  おかげさまで、昨年度と比べ、参加人数が倍増しました。
  5月からは、いよいよTechnical Competencyに入ります。
 別名、HR Expertise(HR Knowledge Domain)です。
 この3本柱が、People(人), Organization(組織), Workplace(職場)です。
 まず、People Domainを2回に分けて学びます。
 次回は、HR Strategic Planning(人事戦略計画)、 Talent Acquisition(人材採用)、それとEmployee
Engagement & retention(やる気みなぎる職場の創造)
です。

 SHRMコンピテンシー研究会ブログは、こちら
 ご参加希望の方は、hiro-i@smartvision.co.jp まで、お知らせください。

トップページに戻ります元のページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります

職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2018 株式会社スマートビジョン 

関連用語は?

新HRMガイドライン
ANSI  HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは?
ANSIの戦力計画とは
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
OKRとは
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
リバース メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは

これからの人事は? 
グローバル人財マネジメント

関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会
戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事
/学会報告

推薦書
ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル

図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告


FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017

TDRP Conference
APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細こちら


GE変化の経営

ダイヤモンド社発行