リバース メンタリングとは?

HR Magazine誌5月号でも、メンタリングがトップ記事に!

 人材マネジメント協会SHRMの機関誌 HR Magazine 2018年5月号のトップ記事に、メンターの重要性
がとりあげられました。

  従来から、多くの企業で、目標管理MBOは実施されていましたが、とかく、現場リーダーやマネジャーは、
多忙なこともあり、仕事をメンバーに全面的に任せしたり、結果が見えないと、やたらとプレッシャーをかけ
たりするのが主な仕事たと思われがちでした。
 年一評価はしても、上司と社員の納得性は低く説明責任を問われていたのが現実でした。
 必要に応じて、メンターを決めて、指導監督をしたものの、十分な指導ができない状態も頻繁にみられまし
た。 

 ミレニアル世代(19−38歳)が、社員の大半を占める様になると、X世代(39−53歳)との考え方
や行動スタイルの違いもあり、彼らにあったものが必ずしも、行われていなかったのが現状です。
 これを改善するため、近年、多くの欧米先進企業では、最新版のパフォーマンス マネジメントを導入し、
従来の上から目線での評価するより、むしろ、日ごろから、職場の多世代が協力して、ミレニアル世代を育
て、支える体系
に転換が進みました。これが、
新パフォーマンス マネジメントへの新たな展開です。
 この新しい考え方は、日頃の日常業務において、先輩とか後輩とかの関係ではなく、仕事の役割各自の強
に応じて、メンターを決め、コーチング、フィードバックを効果的に実施する支援関係を構築することが、
カギになります。 

 従来の公式メンタリングによるピラミッド型のメンター体系にとらわれない、育成体系を如何に構築する
かが最大の課題になります。
 メンター経験を重要なキャリアとして認め、5世代が、仕事の役割に応じて、互いの得意分野を明確にして
、メンター関係を構築したり、ITスキルの優れた若手メンターには、ITに疎いベテラン社員をメンティにして
、互いを認め合い、コミュニケーションを活性化する動きが進みました。 
 このような形の組織横断的なメンタリング プログラムの取り組みが徐々に進展していったのです。  
 HR Magazine5月号では、HR Professional の世界でも、SHRM SCP認定取得者が、メンターになり、
SHRM CPをメンティとして、メンタリングをおこなったり、HR Professionalが、各事業事業部のマネジ
ャーや現場リーダーをメンティとして、キャリア メンタリングを推進する事例も紹介されています。

 また、SHRM SCP/CP 認定者には、会社全体のキャリア メンターとして、活躍が期待されているとのメ
ッセージを送っています。 

リバース メンタリングとは?

 このようなメンタリングの全社的な展開の中で、一番注目を集めているのが、リバース メンタリングです。
 皆さんも、グーグル検索で、reverse mentoring と検索すると、多くのReverse Mentoringの取り組み事例をみることができます。
 伝統的なメンタリングでは、先輩格の優秀社員をメンターとして、若手社員をメンティとして、メンタリングを始めるのが、一般的でしたが、IT時代では、ミレニアル世代の優秀な若手社員は、ITやスマホ慣れしていて、より先進的な取り組みに積極的なこともあり、これらの優秀なミレニアル世代がメンターとして活躍する機会を増やそうとする運動が進みました。ミレニアル世代の優秀な社員をメンターに、X世代のマネジャーや現場リーダーをメンティにして、活動への積極的な関与を引き出し、責任感やモチベーションを高めようとしてしています。彼らの、新鮮な若者受けする意見を引き出しながら、仕事をすすめた方が、全体の仕事もよりスムースに進み、職場でのやる気も高まりました。
 このような優秀な若手メンターに活躍の場を与え、モチベーションを高め、成果やる気を引き出す手法として、リバース メンタリングと呼ぶケースが増えていきました。
 この動きを強力に進めることで、企業イメージも高まり、優秀人財の応募数も高まったとの報告があります。これは、まさに、社内の優秀人財の有効活用企業のイメージアップの両面において、一挙両得の高い効果が期待できるのです。


リバース メンタリングの導入事例

 グーグル検索で、reverse mentoringと検索すると、リバース メンタリングの導入事例が多く紹介されています。 
 画像検索で紹介されている企業では、AXA等の保険会社、Cisco, HP等のIT企業、Liliy等の製薬会社、ユニリーバ等の複合企業等、数百社が、自社のミレニアル世代のメンターを広告塔として、宣伝しています。 
 動画検索でも、You Tubeで、Reverse mentoringの検索をすると、多くのリバース メンタリングに関する映像を見ることができます。   
 例えば、TEDでの発表事例、色々な機会で、発表された活動事例が多数紹介されています。   
 まさしく、ミレニアル世代の優秀人財に、「わが社では、若手社員が活躍する場がたくさんありますよ」と言うメッセージを送っているのです。     
 当センターのメンタリング活用コースでは、リバース メンタリングを含めた各種のメンタリング活用事例を紹介しており、簡単な演習も体験できます。  
 メンタリング活用コース申し込み者には、事前学習用にメンタリング バイブル無料配布しておりますので、早めに申し込みください。
 一般公開コースの概要は、こちらをご覧下さい。
 企業研修の事例に関しては、こちらからご覧下さい。      


トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります

職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2018 株式会社スマートビジョン 





関連用語は?

新HRMガイドライン
ANSI  HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは?
ANSIの戦力計画とは
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
OKRとは
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
リバース メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは

これからの人事は? 
グローバル人財マネジメント

関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会
戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事
/学会報告

推薦書
ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル

図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告


FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017
SHRM2018

TDRP Conference
APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細

メンタリングの権威が書いたバイブル的な本


米IBM本社が発表のIBMでのメンタリングを集大成した本


最新のメンタリングの派生版


人材育成を重視する
トップ企業の紹介
(メンタリング導入企業の集大成)


企業での事例が沢山紹介された名著


ネットワーキングの名人が書いたメンタリング本


IMA元会長の
メンタリング本