国際メンタリング学会IMA2009年次総会 報告


国際メンタリング学会2009、5度目の成果発表は大好評!

 2009年の国際メンタリング学会は、昨年同様ラスベガスのフラミンゴホテルで3月4-6日開催されました。フラミンゴホテルは、ラスベガスの中でも一番歴史のあるホテルでしたが、ラスベガス通りの急速な発展に合わせるかのごとく、現在は最新のホテルとして蘇りました。
 目の前には、有名なフォーラムショップもあります。


(会場のフレミンゴホテル)
 
 今年のテーマは、'People Empowerment through Mentoring'.
 日本からの唯一の発表者として、「メンタリング活動での育成の見える化」に関し、通算して5度目の成果発表を行い、過去最高 の30名近くの参加者が集まりました。久し振りに登場した常連として多くの拍手を頂きました。


(円卓会議の様子)


  参加者の多くは、IMA幹部、米国の大学の学長、教授、講師、メンタリング推進団体の幹部、独立のベンダー等、メンタリングを実践する専門家集団です。

 (講演中の筆者)


 この写真に登場する方達の多くは、自らメンタリング関連の本を書いている方であり、自分の基本的な考え方、現在の進展ぶりを披露し、互いに存在感を示そうとしているのです。今年は、北米の約40大学の関係者がメンタリングの成果発表を実施しました。その中でもカナダのブリティッシュコロンビア大学の方が、メンタリングのニュービジョンというテーマで発表したのも大変興味ある内容でした。メンタリングに従事されている方の多くは、将来は、重要人物に育てようとする人達の集団であり、非常に謙虚であると同時、時に情熱的に語り始めることもあります。
 相手の意見をキチンと受け止め様とする姿勢は、「さすが世界のメンター」たる存在でもあります。このような場に参加することが出来て、メンタリングの世界の奥深さ広がりの広さを感じました。
 

(現IMA会長)

 IMA会員の中では、私も既にベテラン層に属するようになり、IMA幹部の方から、「来年からは、Board of Directorに加わって欲しい」との期待を何人かの方から言われて、久し振りに参加して良かったとの実感を得ました。


  

  これからのメンタリングに関するディスカッション



フォーラムショップス
アーバン大学学部長、IMAダイレクターとの会話


エルムハースト大学

エグゼクティブ・ディレクター


トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2014 株式会社スマートビジョン 


 関連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは?
ANSIの戦力計画とは?  
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス
各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース 

企業研修
概要編
実践編
タレント開発


ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会

戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)


新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細こちら