究極の競争力と創造性の源泉は、ピープル アナリティクスの追求にあり!

ピープル アナリティクス(職場の人間科学)とは?

 2014年11月にグーグル会長のエリック・シュミット会長が来日し、彼が執筆した「How Google works、私たちの働き方とマネジメント」(日本経済出版社発行)の発売を記念して、出版講演会が開催され、BS番組日経プラス10の取材に応じています。
 グーグルの企業風土を醸成するため「スマート・クリエイティブ」はどうあるべきかを明確にし、働き易い職場の実現には、マネジャーの役割が大きいとして、Project Oxygenを2000年初期に開始しました。その実行部隊として、ピープル アナリティクス チームを結成し、マネジャーのあるべき姿を探求することから始めました。
 グーグルの職場改革は、効果的なマネジャーのあるべき姿に関する簡単なアンケートから始まりました。その実現には、あくまでもトップダウンによる職場改革を目指したのではなく、多くの社員が理解できるような「行動分析に基づいたデータ解析」(これをピープル・アナリティクスと呼ぶ)を行い、このデータに基づいて、職場でのオープンな議論が繰り広げられた点に特徴があります。
 その中で、従来、トップやマネジャーによる一方的な先入観により、ダメだしされてきたことをすべて見直したのです。
 例えば、だだ広いオフィスにばらばらとメンバーが点在して座らせるより、多少せまくても、関係する部署の人間が近くに座り、話がしやすい様にするとか、ひとりで食事をするのでなく、長いテーブルを設置して、話易い環境に心がけました。 トップやマネジャーは、外部のレストランで、昼食をとる人が多かったが、すべての食事を無料にすることで、あらゆる社員が、一つのカフェテリアで食事をする様になり、フラットな会話が行われる企業風土が培われ、コミュ二ケーションが大幅に改善しました。
 こうした行動分析結果のデータ解析に基づいて、提示されるので、社員の理解度も高まり、改革への協力も進んだのです。
 シュミット会長は、技術者としての長年の体験から、スマート・クリエイティブには、どんな気質があるのかを理解していたことが、ピープル・アナリティクスを重視した最大の要因であり、これがグーグルの成功要因にもなったと言えます。

ピープル アナリティクス(職場の人間科学)の効用とは?

 MITメディアラボの研究員であるベン・ウエーバーが、「ピープル・アナリティクス」という本を2013年に発売しました。この本の訳本として、「職場の人間科学、ビックデータで考える理想の働き方」が2014年6月に、日本でも発売されました。MITメディアラボと言えば、伊藤穣一氏が、所長をしていることで有名です。本書では、副所長の石井裕氏が、あとがきを書いています。
 日本の著名人、2名が、ピープル・アナリティクスの研究や米国企業への普及にも貢献しているとは、大変興味深い。
 この中でも、チーム内の凝集性を分析して、それを改善することで、プロジェクトの成功に結びつけることができると指摘しています。
 従来、ピープル・アナリティクスを実践することで、トップやマネジャーの先入観で、やらせていたことでも、これを見直す良い機会にもなりました。熱心なメンバーの行動分析を行うことで、多くの事実が判明し、多くのメンバーが、実行している点にも合理性があることも多々報告されています。

個人の行動が観察されると、一層管理・監督が厳しくなるのでは?
 さて、ビックデータの活用となると、一番懸念されるのは、プライバシーの問題です。会社側から、そんなに観察されていると、「それがどう利用されているのか?」、「人事考課にも影響するのではないか?」と心配になります。
 しかし、MITのサンディ教授が指摘する3つの対策が施されていれば、さほど心配はいりません。逆に、勝手な先入観で判断されるより、現実を見てもらった方が、職場からの理解が増し、マネジャーによる一方的な評価は減ることが期待できます。
 これらの行動データが、どのように分析され、どう利用されいるかを把握できれば、むしろ、現実、頑張っている所を見てもらい人にとっては、一層頑張ろうという気持ちにもなることから、良い効果も期待できます。

ピープル アナリティクスで、偉大な職場を実現したグーグル
 ピープル・アリティクスをメンバーの行動分析に活用するグーグルでは、ピープル・アナリティクスを活用する上での10の視点が公表されています。
 グーグルの採用では、採用の判断基準が公開されており、縁故関係の採用は、より難しくなり、より公正な採用になったとの評価もあります。
 また、マネジャーのあるべき姿、8つの視点では、マネジャーとしてのあるべき姿とそれに基づき、評価されるべき項目を明確にしたので、マネジャーにとっても、どう振る舞うべきかが、分かりやすくなり、色々な配慮がしやすくなったとも言えます。
 一般公開コースのパフォーマンス・マネジメント実践コースでは、グーグルの良いマネジャーの8つの行動パターン等の事例を紹介し、その内容にもとづいて、パフォーマンス・レビューが実施する場合の実践的な手法を学びますので、メンバーにとっても、マネジャーにとっても、わかりやすいと言えます。
 また、グーグルでのピープル・アナリティクスでの進め方に関しては、2014年11月11日発行のメルマガでも解説しましたので、こちらをご覧下さい。
 ピープル・アナリティクスをテーマにした研究会が2014年12月13日に開催されました。発表資料は、こちらからダウンロードできますので、興味をお持ちの方は、ご覧下さい。

 トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2015 株式会社スマートビジョン 
職場の人間科学
(ピープルアナリティクス)
をテーマにした研究会を2014年12月13日に開催しました!
詳細資料は、こちら

関連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは? 
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは? 
従来型のPMとの違いは?   ANSIの戦力計画とは
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは?
ピープル アナリティクス   
コンピンテンシーとは 
SHRM版コンピテンシー   
エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?
コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは



これからの人事は?
グローバル人財マネジメント

関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース


企業研修
概要編
実践編
タレント開発


ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会
戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事/
学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル

図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書
IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017


TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)


おすすめ本