速報
SHRM2015ラスベガス大会から、世界の人材マネジメントの潮流を読み解く

SHRM CP/SCP HRプロ認定者が早くも、50,000名に!
この「SHRM2015ラスベガス大会の速報」は、ほんの一部の情報であり、
次回の戦略的人材マネジメント研究会にて、その概要を報告させて頂きます。
尚、2015年6月開催の事前勉強会発表資料の発表資料は、こちらからダウンロードできます。
また、次回の研究会は、2015年10月10日に予定しております。
詳細は、戦略的人材マネジメント研究会のブログをご覧ください。

グローバル化が、更に進んだSHRM2015ラスベガス大会!
  年々増え続ける世界最大(現在約28万人)のHRプロのコミュニティー、人材マネジメント協会(SHRM)の2015年度年次総会が、6月28日−7月1日の4日間、ラスベガスで開催されました。
 今年は、世界各国から、総勢約15,500名HRプロフェッショナル(以後HRプロ)が集結しました。海外からの参加者の中では、多い順から、カナダ、韓国ナイジェリアインド中国イスラエル日本となり、7番目になります。今年の日本から参加者は、昨年度より、8名増加の33名参加となりました。
 カナダ、韓国、ナイジェリアは、毎年、100名を超す代表団を送りこみ、韓国、中国、インド等のアジア諸国からも参加者が年々増えています。また、トリニダード・トバコ、バハマ、ガーナは、日本の参加者数に急接近しており、来年度には、日本を追い越す可能性があります。
 今年は、日本からは、JMAからの正式な参加者はないものの、リクルートや日立グループからの参加者が増えており、来年は、この状況も一変する可能性があります。
 今年のコンファレンスのメインテーマは、'Thrive'。2008年のリーマン・ショックの悪夢から抜け出し、米国経済も漸く好調な軌道にのりつつありますが、「潜在能力のある人財のやる気を引き出し、育てよう」ということで、それを担う人材をどう育てるかが最大の課題だということになります。 
 今年は、このテーマに相応しい基調講演者4名が、選定されました。
 最初の基調講演は、長年、米国のナショナル・バスケットチームを率いて、やる気を引き出したコーチKです。チームからやる気を引き出し、勝てるというムードを高めるには、厳しいルールを押し付けるのではなく、「努力すれば勝てる可能性があること」を感じさせ、その気にさせることです。これは、一般の人財開発でも同じことです。
 2番目の基調講演は、「強みを見つけて、それを伸ばそう」で著名なマーカス・バッキンガムです。彼も、コーチK同様、チームリーダーの重要性を強調しています。
 彼は、強みを引き出すには、基本9タイプの人財を育てることだとしています。今の世の中、Radical Shiftが進んでいることもあり、ゆっくりやっていてはだめだと強調してました。
 これを実践するには、当然のことながら、タレント・マネジメントの仕組みを活用することになります。今年は、発表資料も配布されましたので、詳細は、これをご覧ください。
 また、第3番目の基調講演は、NBC、CBSの女性アンカーとして、25年間、多くの視聴者に勇気を与え、「自分の価値を知ろう」というベストセラーを書いたミカ・ブレジンスキーです。
 この本では、効果的交渉術が重要で、「自分の価値」を発見すると同時に、多くの人に認めてもらえる様になるとしています。
 4番目の基調講演は、ダイエットの実践者として、TVや書籍で有名なコロンビア大学教授のオズ医学博士です。彼は、400にものぼる書籍を執筆し、年に100回の心臓手術も実践しています。
 健康を実践することで、自分が変わるだけでなく、「他の人に対して、やれば出来る」との勇気を与えることができます。健康を手にいれることで、実践者として認められ、良いイメージを他の人にも影響を与えるからです。
 今年は、スポーツ、人財開発、ダイエットの推進者、TVのコミュニケーターの事例を通して、活力ある社会に貢献している事例を見ることができました。
 これらの事例を参考に、「'Thrive'をみなさんの実務の中で実践しましょう」というSHRMからのメッセージなのです。

既に50,000名以上が、最新HRプロ認定SHRM CP/SCPを取得!
 既に、SHRMの関連団体であるHRプロの認定機関HRCIにより、PHR/SPHR等のHRプロ認定は、世界で14万5000名が取得していますが、どうも、これらのHRプロの認定を持っていても、果たして、「この人をHRプロとして信用して良いのか」が心配になるとの意見が、多くの顧客から、聞かれました。このため従来のHRプロ認定のあり方を見直す動きが、SHRMを中心に進められてきたのです。
 それでは、HRプロの質を高めるには、どうしたよいのかを検討した結果、3年前に、新SHRMコンピテンシーを発表し、2015年5月から、SHRMコンピテンシーに基づく、SHRM-CP/SCP HRプロ認定を開始しました。
 この新HRプロ認定では、HRプロとしての最高の効果を引き出す新SHRMコンピテンシーに基づき、職場でよくある事例を、1000以上用意し、従来のHRプロ認定者に対して、SHRMコンピテンシーの学習を求めています。
 その中には、立場や状況に応じて、みなさんはどんな行動をするべきなのか、一番適切・効果的なものを4択の中から、選ぶ形式になります。現在の状況を理解するには、当然、事前知識(knowledge)は、必須ですが、知識があれば、実践できる訳ではなく、「どうすべきなのかを自分で考え、最適の選択肢を選び、行動できるかを判断する」必要があります。
 既に、従来のPHR、SPHRのHRプロ認定取得者には、2015年末までの限定措置として、SHRMコンピテンシーのオンライン テストを行い、所定以上の成績であれば、SHRM CP/SCPに切り替えが可能になり、既に50,000名が切り替えたとのことです。
 2015年末には、最終的に、約100,000名以上の認定者が登場することになりましょう。
 また、SHRMでは、従来のGPHRに相当するグローバルHRプロ認定も、2016年から実施する話なので、HRCIが実施しているすべてのHRプロ認定を切り替えることになりましょう。
 従来の認定機関のHRCIとの仲直りする発表があるのではないかと、予測する向きもありましたが、実際は、HRCIのHRプロ認定すべてを最新SHRMコンピテンシーに基づく、SHRM CP/SCP認定に置き換える道を選択したことになります。
 この方針に基づき、SHRM2015コンファレンスでは、従来SHRMブース内にあったHRCIのHRプロ認定コーナーが、一般の展示スペースに移動し、かつ、コンファレンス参加者用のラベルの下につける目印を、SHRM-CP及びSHRMーSCP用は準備しましたが、従来あったPHR、SPHR、GPHR用ラベルは、SHRMでは、準備しなくなりました。
 来年以降は、従来のHRCI認定からの切り替えという特別措置はなくなり、切り替えできなかったHRプロは、SHRM CP/SCP認定を最初から取り直すことになります。
 この背景には、米国国家規格協会ANSI(American National Standard Institute)や、米国国家認証局NCCA(National Commision for Certifying Agency)からも、SHRMのHRプロ認定が「米国のHR標準として、認められた」自信があるようです。
 これによりSHRM CP/SCP HRプロ認定は、米国内での中核的存在になり、これをベースにグローバルHRスタンダードとして、発展することになりましょう。
 SHRMコンピテンシーに関しては、こちらをご覧ください。


第1回SHRM CP/SCP Certification Preparation Seminarに参加!
 SHRM CP/SCP Certificationを2015年度より開始するにあたり、SHRM2015コンファレンス前の6月27日から、4日間の日程で、SHRM CP/SCP CertificationPreparation Seminarが、開始されました。
 これは、新規にSHRM CP/SCP HRプロ認定に、新たに挑戦する方のための事前準備ミナーです。
 第一回目の全参加者は130名アジアからの参加者は、私一人でしたが、講師の意見では、予想以上の参加者だとのこと。そのほとんどは、長年HRマネジャーをしてきたベテラン女性マネジャーであり、海外からの参加者は、非常に少ない。
 本セミナーの参加者は、SHRM CP/SCP Learning System計5冊、約1500ページ厚さ約10cm)を事前に購入し、事前に目を通して置く必要があります。
 また、本セミナーに申込むと、事前学習資料として、この2015 SHRM CP/SCPLearning Systemの概要を、まとめた640枚程のスライド資料のpdfをダウンロードして、事前学習することを求められます。
 これらの膨大な資料を事前に、目を通しておくのは、大変な手間がかかりますが、参加者の多くは、実践経験の長い、実践で鍛えられた強者が多いこともあり、余り文句をいう人はないようです。
 8つのコンピテンシーに関する、実践的な事例をみなさんの業務の中から、あげてくださいと言うと、多くの人が、自社での実践事例をあげていることから、結構、各企業での変革意識も高く、予想以上に実践が進んでいるようです。
 最後の演習では、色々な立場の人が、職場で遭遇しやすい課題を取り上げ、4つの選択肢の中から、最適と思われる行動パターンを選びます。事前に4つのカードが与えられていて、4つの選択肢の中から、自分がすると思われる行動に近いカードを提示することになります。
 セミナーでは、多くの人が、結構早く、自分の意見を提示しており、参加者のレベルは結構高く、それについていくだけでも、それなりのリーディング力実践力が、求められます。 
 但し、一つだけが正解(Best)ではなく、Acceptableなものもある程度認められていて、点数による評価点の違いはあるものの、多様な行動手法も認めています。
 実際のテストは、コンピュータで自動計算されるので、手間はかからないし、集計ミスもないとのこと。
 ホームページから、模擬テストを受けられますので、これにて、実体験することも可能になります。
 オンライン アセスメントでは、1000問程度の事例が含まれており、これを少なくと、3回以上行い、80%程度正解できる様になれば、まず、合格レベルに達したとと言えます。 
 特に、英語を母国語としない人には、事前勉強と、オンライン上での充分な事前演習が欠かせません。理解が難しい言葉があると、ついつい考え込んでしまい、回答スピードに影響するので、最低限のHR関連のキーワードを知っていることは必須ですが、実体験のイメージがないと合格は、難しいのではないかと思われます。
 また、現在の内容では、「米国法の理解」を求めてますが、海外では、これは不要なのではないかと質問した所、今後の検討事項になっているとのこと。これがある限り、海外からの挑戦者は、増えそうにない。  
 
 SHRM CP/SCP Cetificationの概要は、こちら
 SHRM CP/SCP Learning Systemは、こちら
 
 このLearning Systemを購入すると、指定サイトにアクセスができるようになり、この中で、1000問程度のお試しのアセスメントが可能になります。
 自習だけで、合格レベルに到達するのは、大変難しいこともあり、JSHRM内にSHRMコンピテンシー研究会を立ち上げる予定をしてますので、興味をお持ちの方は、申込みください。
 国内でのSHRMコンピテンシー ネットワークを構築して、色々なディスカッションをすることで、多くの気づきを得られましょう。 
 つきましては、設立準備委員会の委員の募集を、JSHRM事務局から、8月頃に発表する予定です。 
 興味をお持ちの方は、まずは、戦略的人材マネジメント研究会事務局にお知らせください。概要は、こちらをご覧ください。
 

2015年から、基調講演と200セッション が$149で、視聴可能に!
 例年ですと、300ドル程度していた Conference on Demandが、今年から半額以
下の何と149ドルで、視聴可能なりました。これは実に魅力的です。

 この中には、基調講演、及び、200セッションスライドつき音声が提供されます。
特に、基調講演及びメガ・セッションは、映像音声の両方がつくので、非常に分かり易
いと言えます。  

 ATD(ASTD)でのConference on demandでは、基調講演と100セッション程度
しかないにも関わらず、お値段は結構高い。

 SHRMでもATDでも、実際の参加者のみの特権なので、参加者の方に、相談すると良い。
 今年は、従来のPay for Performanceの是非論、ランク付け人事考課の廃止論、トー
タル・リワード
の導入事例、SNS活用した企業ブランドの高め方リンクトインによる
採用
、エキスパート集団(シルク・ド・ソレイユ)でのリテンション事例、ANSI型コーチ
ング&人財開発型パフォーマンス・マネジメント導入事例
、巨大医療法人クリーブラン
ド クリニック等でのタレント・マネジメント導入事例等、興味ある事例が多々あります。

 詳細は、SHRM2015コンファレンス視察報告を2015年10月10日の戦略的人材マネ
ジメント研究会
で、報告させて頂きますので、是非参加ください。
 尚、日本在住のSHRM SCP認定取得者の協力を得て、色々な形での支援活動を予定して
おりますので、ご期待ください。

 また、SHRM2015コンファレンスでの人材マネジメントの潮流に関する最新動向情報
を念頭に、「これからの日本の人材マネジメントは、どうあるべきか」「私なら、こ
う変えたい
!」をテーマに、次回の戦略的人材マネジメント研究会で考えたいと思いま
す。詳細は、
こちら
 尚、本研究会では、知識の習得より、みなさんの実務でどう導入すべきかのヒントを得る
ことを主な目的としてますので、ディスカッションへの積極的参加を期待しております。

 トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります

職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2015 株式会社スマートビジョン




関連用語は?

新HRMガイドライン
ISO HRM標準とは? 
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは?
ANSIの戦力計画とは?   
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス
各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース 


企業研修
概要編
実践編
タレント開発


ケーススタディ
各種講演・視察旅行


研究会

戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事/
学会報告書

推薦書
ビジネス・コーチング本 
パフォーマンス・コーチグ本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)


新刊書

マーカスバッキンガムの
新刊書



2015 SHRM
CP/SCP Certificate
Learning System