見える化とは?

見える化」とは?

 「見える化」の考え方は、日本企業の生産現場において、実践されてきた伝統的な手法です。その原点は、「何か基本になる情報やデータを現場に提示することで、現場の人が自ら気づき、問題意識を高め、自ら改善する努力を促す仕組みをつくる」ことです。そのためには、各自の役割を明確にし、現状を理解出来る情報を日ごろから見える状態にし、関係者が協力して、改善する職場風土をつくることから始まります。「見える化」することで、@問題の早期発見と解決、A情報の公開により改善の活発化、B問題の顕在化により再発防止の3点が期待できます。
 「見える化」で、進んでいるのがトヨタ自動車です。特に、生産現場での「見える化」は有名です。この中には、作業手順からはじめ、人財育成に関わる各種の項目が含まれています。見える化では、多くの役立つ情報、課題は、現場にあるとの前提により、注目すべき情報を現場で見やすくすることで、指示・命令ではなく、現場のメンバーに自主的に問題解決や改善・改革の意識を促します。かといって、余り多くの情報を雑多にPC端末から見える環境にしても、現場が混乱し、逆に見なくなる傾向があります。必要な情報だけに注目し、職場の目立つ所に誰でも見えるように掲示し、その問題をどうしたら改善、解決出来るのかを話し合う場をつくり、協力して解決する職場を目指します。


「見える化」指標の事例として

 「見える化」の指標は、問題解決や改善・改革を進めるための核になる情報であり、その情報を念頭に改善すべきもので、良い結果に結びつけるためのプロセス改善運動です。また、「見える化」指標は、本来現場の管理職が判断するべき指標にも当たり、社員である限り、常に念頭に入れるべき重要な指標でもあります。従来、自分に都合の悪い情報は、関係者だけに囲われ、関係ない人には、秘密とされました。これでは、問題の所在はうやむやにされ、根本的な処置もなされず、担当者が変われば、忘れられるものとなります。そこで、都合の悪い情報を含め、業績に影響を与える鍵となる情報やデータを「見える化」し、担当者、関係者にその育成課題、育成責任の所在を明確にします。将来起こりうる問題に早めに対処する意識を現場にいだかせ、自ら改善する気持ちを育て、改善を促すのが、「見える化」の最大の目的なのです。
 例えば、職務上の役割・責任を明確化することが、通常求められます。これは、互いの役割責任をキチンと果たしているかを相互にチェックすることであり、これと同時に、この役割と責任を将来になえるかどうかの判断材料にもなると気付かせ、早目に出来る様にするのです。
 今では、年功序列の順番待ちではないのです。将来リーダーを目指している社員は、早目にリーダーとしての役割、振舞い方が出来るかどうかをこの基準をベースにチェックし、自らも早めに実践に移し、リーダーとしての素養があることを皆に示すことが求められています。


トヨタの「5回何故」とコーチングメンタリングの違い

 トヨタの成功ストーリーが影響して、「現場力」や「見える化」が大きく注目されています。その成功要因で重要なのが、たゆまぬ改善を常に続けることであり、そのような風土は長年の企業風土として定着し、現場では、問題を見える化し、現場の人達が自律的に「反省」と「改善」を繰り返す習慣をつけることです。何か問題が発生すれば、5回何故と自問し、その原因をさぐる努力をします。これが可能なのは、十分にセルフ・モチベーションされた経験のある優秀な人材が多いからです。しかし、大方の中小企業では、この手法をそのまま真似しても、うまく働くものではありません。いくら5回何故と考えてみても、経験不足、考えるプロセスが把握されず、モチベーションが十分でない人は、自分でスムースに解決法を見い出せるわけではありません
 そのような場合、問題点と解決策をどのようにしたら早く気づくことが出来るのでしょうか? そのために、経験あるメンターコーチングメンタリングをすることで、気づかせることが出来るようになります。
 過去の成功失敗事例を見せながら、そのままで良いのか、何をどのように改善すべきなのか、その事例を参考にして、新しい方向性を引き出すメンタリングを進めます。やる気のある優秀な人材を沢山抱えた企業だけで実現可能な手法をそのままま真似ても、すぐに出来るようになるものではありません。相手の状況に適した、実現可能なコーチングメンタリング手法が今求められています。
 また、育成の「見える化に関しては、こちらをご覧下さい。

 ワークショップの詳細は、ワークショップの概要をご覧下さい。
また、企業研修事例に関しては、こちらをご覧下さい。


トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります


職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2014 株式会社スマートビジョン

 




関連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは? 
従来型のPMとの違いは? 
ANSIの戦力計画とは
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース 

企業研修
概要編
実践編
タレント開発


ケーススタディ
各種講演・視察旅行


研究会

戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント 関連団体視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい


詳細