メンタリング・プログラムとは?


メンタリング・プログラムが、高業績の達成の要に!

 従来のピラミッド組織をプロジェクト制に転換、単純にフラット組織にしても、直ぐに高業績を達成することにはなりません。従来のプロジェクト別の職制では、組織の垣根が厳然として存在し、これを乗り越えることは、非常に難しいのが現実です。
 高業績を達成するには、限られた人材を如何に効率的に、やる気ある人材の育成にあてる組織横断的育成支援システムが必要となります。また、社員に留まらず、外部のメンバーも含めたプロジェクト・チーム全体を対象とした統合的育成支援システムにすることです。良い事例が、育成支援プログラム(英語名:メンタリング・プログラム)を組んで進める方法です。その中心的役割を果たすのが、組織横断的なメンターであり、メンターの抱える問題点を全社的立場で、調整するコーディネータ(育成担当)の存在が重要になります。これらが統合的に機能して、パフォーマンスをあげることが出来るのです。この実現に、組織横断的機能を備えた育成支援プログラムが大きな役割を果たしています。メンタリング・プログラムを実現するには、指導員の名称をメンターに変えるだけではないのです。


目標達成を容易にする人材育成プログラムへの10の条件

 目標を達成するために、どのような視点で、育成支援プログラムを進めていくべきかを考えてみましょう。もし、上司が単純に仕事の分担を決めるだけで、担当が自発的に実行出来るのであれば、全く苦労はないと言えます。一番効果が高いのは、脳科学的にも、メンバーが、情熱的に、自発的に自分のキャリア達成のためと考え、努力する仕組みをつくることです。このためには、各メンバーの目標を明確にし、業務遂行に必要なメンターを決め、メンターとの1対1の支援の仕組みをつくることです。しかし、メンターを決めるだけでは、何も進みません。
 まず、部下の育成はどのようにしたら良いのか、経験のない状態では、前に進めません。たとえ自己流のやり方を押し付けても、やりがいある育成効果は期待出来ません。そこで、メンタリング・プログラムの導入前には、必ずメンター予定者に対して、オフ・サイトで学ぶ機会をつくる必要があります。これがメンター研修です。このメンター研修では、育成スキルと同時に、育成の楽しさ、やりがいを感じとることも必要です。育成方法は、一応理解できた段階で、メンティが決まっていれば、まず最初は、メンティとの面談で、目標の設定を行います。目標は、本人の希望、目指すキャリア目標、業務を遂行する上で何が求められているのか、これから担当する業務内容等の要素をすべて考慮に入れ、メンティの上司も含めて、総合的な視点で判断します。
 また、目標の達成には、期間を区切って実施する方が効果がありますので、育成支援プログラム(英語名:メンタリング・プログラム)の期間を設定し、支援期間中の中間点及び終了後には、プログラム効果の測定を実施することです。特に中間時点で、効果測定を実施することで、改善すべき項目が明確になれば、最終段階での効果測定は一層良い結果が期待でき、実績としての評価も高まります。さらに、育成の見える化項目を明確にして、メンバーに周知徹底することで、職場での定着も進みます。
 マネジャーは、通常、現在必要な仕事だけをやらせることが多いですが、市場の変化に合わせて、どのような市場のニーズが出て来てくるかを念頭に入れ、将来を見据えながら、メンター/メンティに気づきを与えることが重要です。


期間限定のメンタリング・プログラムで、効果測定を宣言する!

 メンターを単純に決めるだけで、メンターが喜んで、積極的に育成してくれれば、苦労はないですが、通常、それだけでは育成は進まないものです。
  メンターとメンティの一体感を作り出すことが、最初のステップですが、目標の設定が、本人にとっても、チームにとっても効用がある内容に設定すれば、やりがいが高まるのは当然で、最初は取り敢えず期間を半年か1年と設定して始めることです。どうしても、難しい場合は、延長するか、メンターを変えるかは、後の検討事項です。その間、メンターやメンティも、何らかの形で、進行状況を把握し、改善材料にすることです。一番効果があるのは、プログラムの中間時点で、プログラム効果測定をメンター/メンティの両方に実施して、その内容を分析し、改善を織り込んで進めた場合は、最終結果が大幅に改善しているケースが多く見られます。今後は、この育成の見える化は、非常に重要なノウハウです。
 このプログラム効果測定のステップがあるのと、ないのとでは、結果/成果に大きな影響を与えます。とかく、効果測定のアンケートなど、面倒でやっていられないと思われがちですが、最初は、専門家に手伝ってもらう必要がありますが、一旦軌道にのれば、そんなに面倒とは感じなくなります。より高い改善レベルに達成するためにも、効果測定に意欲的な専門家の支援を得て、もっと積極的にメンタリング・プログラムの手法を活用しましょう。
 このような成長記録とメンター実績は、今後貴重なキャリア情報になりますので、人事情報システムに活用できれば、将来は、タレント・マネジメントの実現に一歩近づきます。

 良く行われるメンタリング・プログラムの事例として、下記があります。

 これらの詳細は、企業研修のサイトで、これらの具体的な事例を見ることができます。
 また、メンタリング活用事例を、「これぞ、世界のメンタリングだ!」コースで、体験頂くことも可能です。

トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります

職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved (c)Copyrights 2014 株式会社スマートビジョン




 連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは? ANSIの戦力計画とは? 
ANSIの人財指標とは? 人財指標と人財分析とは?


コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C研修効果測定と育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ
各種講演・視察旅行


研究会

戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会


参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント 関連団体視察報告書
IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細