パフォーマンス・コーチング
会社が変わる 組織が活きる
パフォーマンス・コーチング
パフォーマンスコーチング
指示命令では、問題意識と責任感は変わらない!
職場風土を改革し、成果を引き出す
パフォーマンス・コーチングの世界!
効果を確認し、改善の可能性を示すことで、
進む職場の意識改革!
日本実業出版社より発売!(1680円税込)

パフォーマンスとは、進み具合
(プロセス&プログレス)と結果への因果関係を意味する

パフォーマンスを高めるとは、進み具合を把握し、その改善をはかり、
好ましい結果に導くこと

≪本書の特徴≫

  • わかりやすい図解と豊富な事例で、5つの共有の協働環境を構築し、成果を引き出すパフォーマンス・コーチングの決定版です。
  • 英国のジョン・ウイットモア卿が1992年に’Coaching for Performance’を発売して以来、欧米でのコーチングの主流は、パフォーマンス・コーチングに移りつつあります。主体性のないメンバーに、問題意識と責任感を植え付ける最適な手法として活用され初め、多くの成果が報告されています。
  • 全米人材開発協会(ASTD)、国際メンタリング協議会(米IMA)で注目のヒューマン・パフォーマンスの概念を取り入れたパフォーマンス・コーチングのベールが今開かれます。明確な目標を立て、効果測定を行い、自然に進み具合と結果とのリンクを把握することで、期待される結果に近づけることができます。
  • 世界標準の状況対応リーダーシップII(SLII)の基本概念を念頭に入れたハイ・パフォーマーの育成手法を考えます。
  • 欧米企業内研修や青少年の更正に普及するメンタリングを分り易く紹介しましたので、コーチングからメンタリングの広がり、パフォーマンスが更に高まります。
  • 年功序列から成果主義への転換で進む、リーダーシップの進め方を大転換し、今後必要となるパフォーマンス型人財の姿を追い、その人財開発手法を考えます。
  • 国際メンタリング協会(米IMA)、欧州メンタリング&コーチング協議会(EMCC)、国際パフォーマンス改善協会(ISPI)で発表し、高い評価を得た戦略的メンタリングモデルの一部を紹介。
  • 職場での意識改革の進め方とその仕組み作りの基本を考えます。
  • 企業研修での副読本として利用できますので、事前予習に活用すれば、更に研修効果が高まります。

ご注文
このウィンドウを閉じる

このページを印刷


トップページに戻りますこのぺ゜ーじの先頭に戻ります



職場での着実な導入と定着を支援する
国際メンタリング&コーチングセンター
All rights reserved(c)Copyright 2014 株式会社スマートビジョン

 関連用語は?

新HRMガイドライン 
ISO HRM標準とは?
ANSIのパフォーマンス・マネジメントとは
従来型のPMとの違いは? 
ANSIの戦力計画とは? 
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは? 
ピープル アナリティクス

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
パフォーマンスとは
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは


これからの人事は?
グローバル人財マネジメント 


関連情報は?

トピックス

各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース
Aパフォーマンスマネジメント実践コース
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース

Dタレント・マネジメント・コース

企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ
各種講演・視察旅行

研究会


戦略的人材マネジメント
研究会 
SHRMコンピテンシー
研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)
雑誌掲載記事/学会報告書

推薦書

ビジネス・コーチング本
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017

TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)


新刊書
競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細こちら